読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

きがひけちゃってあたまがじんじんする

 あさから確定申告とレンタルCDの返却とかの用事があったので早めに家を出たわけで、毎年確定申告はめんどいというか書類が家に送られてこないので市役所に出向いてそこで書き込んでから提出するんだけども、これが全く所見なのと1年ごとにしか出さない書類というのもあって書き方がさっぱり意味不明、数字のルールがあるみたいなのだけどよくわからないのでいっつも役所の係の人に丸投げで書き方わかりません旨を伝えてパソコンでパチパチ打ち込んで終わりってな具合だったんだけど、どうも要領を得られなくていきなりわかんねーってのも気が引けちゃってというのも収入が少ないし他に来ていた人達に比べたら簡単な感じの税金だったんで一応自分でやってみてわからない箇所は係の人に指摘してもらって書いて出しちゃおうって思っていたんだけど、これがなかなかうざったらしかった、最初っからわかりませんで押し通して係の人にやってもらえばよかったと後悔、というのも数字を書き込むもそこから引き算とか扶養とかってのがあって親からいっつも扶養してもらっているから扶養って書いとくと良いんだよって言われたんだけど、扶養している場合は金額はいくらぐらい扶養しているのか全くわからないのとマイナンバーを書かなくちゃいけなかったのと係の人が感じ悪い印象だったから扶養?うー聞こうかなと思ったけど躊躇してしまいそのまま何もしないで給与とか源泉を書いて提出してきた、頭がジンジンするほど合ってるのかなコレ感がすごくて、少し節税っぽいのがあるのか確認したかったんだけどあまりに係の人が嫌々嫌悪な横柄なオーラが出てたんで関わりたくなかったのもあって適当に退散した、来年からは書いたことないからよくわかりませんって言って完全に丸投げしようと決めた、外国人が来ていたけどやっぱり係の人が要領を得なかったので全然コミュニケーション取れてなくて困ってたし、もう今年は一生行かなくていいや、気が引けちゃうのは何なんでしょうか自分を守るためのなんかなのかね、わからないことはわかりませんって聞けば良いのにね、どうも分からないままにしちゃうんだよね怖いのかもしれない臆病なのかも

 そんなこんなでのんべんだらりんと帰りにかっぱ寿司を発見、粉のお茶を買っていこうかしらと迷ったり、いつもより早く時間が過ぎていた朝だった、通勤やら通学の人がまぁ当然ながらいて忙しい雰囲気だった

 今月は日曜日に軽く仕事こなして月末まで何もないな~本でも読もうかと思ったりするけど思うだけで読まないまま何もしない日常を呼吸とまばたきだけですごして寝ちゃうんだろうなって気がする