あつさがふきすさぶひび

あつさがふきすさぶひび

クーラーは1時間で電気代が大体20円くらいらしい
扇風機は1時間で1円ぐらいだったかな、うる覚えだけど暑いので最初のうちはクーラーを付けいていたものの何だか途中から動かなくなっていたり、設定温度になったらそのまま止まっていたり汗をかいてしまったのと匂いがクーラー臭になってて嫌な予感がしたので電源をオフって扇風機を20時間くらいずっとつけている
窓も開けていると何となく涼し気がしてくるので気のせいだろうけど気のせいのままにして7月は乗り切るかなー8月はちょいちょいと仕事があるのでまた実家に行く予定

 

仕事が全くない日のローテーションは起きて歯を磨いて料理作って録画した海外ドラマを見てネットサーフィンしてオナってグラセフして歯を磨いてネットしてグラセフして寝るってな流れで午前中に洗濯したりするときもあるかなーぐらい
何にもイベントらしきイベントはなし
遠くの方でお祭りの音がしていたっけな
あとセミが鳴き始めたよってのとベランダのアンテナが錆びついていたんで落ちないようにダクトテープで補修したってな感じかー
携帯に見知らぬ電話から2回かかってきたけどとるべきか悩んだけど取らなかった
何かのトラブルに巻き込まれたら嫌だし
扇風機は体に直接当てっぱなしはよくない旨を聞いて壁に充てて使っていたけど
やっぱしあんまり気持ちよくなかったんで直で当ててる
というようなことで何もしない時間が圧倒的なスピードで過ぎて日々年老いていくっぽい本当は読書をしたりして自己投資するべきなんだろうけど何もしないっていうことをしているってだけ
つまり何もしていないってこと
突き詰めて考えてみると学生時代からそうだったかも
まぁある程度やるべきこととしてレポートとか試験勉強とかがあったかもしれないけど
基本的に学生としてやるべきことは10パーセントもやってなかったんじゃないかなー
最低限の卒業っていうことだけかやり切ったのは他には何かやってたっけなー
今でいうとぼっちだったかもね
これといって友人関係や恋愛何か全くしなかったし人間関係も大学内だけの付き合いだったしなー卒業してからたまに会う程度だったけどもうほとんど会わないや
というか会うのが怖いって思っちゃうから会わないだけ
当時はスマホとかラインとかツイッター、インスタグラムとか全くなかったからかえって良かったかも今の学生は大変だねー
授業も目が悪かったのもあって一番前に座っていたしサークルには興味関心がなかったのと新歓コンパとか怖かったので1秒も入らなかった
友達も一応いたことはいたけど積極的に友達関係を充実してやっていたのではなく
何となくできたものに対して何となくな対応をしていただけで
これといった思い入れも寂しくなるような言い方だけど無いのかもしれない
バイトもやってたけど普通に大学校内でバイトやってましたってだけで終わったなー
とにかく卒業できなかったらどうしようという危機感があったから
これは高校も同じで友達や恋愛、サークル活動とか眼中に全くなかったし自宅と学校の往復だけをしていたってだけ
親としては大学でしかできないことを大学生らしく思いっきり楽しんで欲しかったみたいだけど、そういう期待や願いは叶えられなかったなー申し訳ないと思うし心が痛い
結局大学院まで行って就職もせずに卒業だけしたのは今となっては浅はかだったと思うというか馬鹿だろ完全に。
行きたくないし合わない所にでもとりあえず就職だけはすべきだったな
というか大学院から先の人生は全くノープランだったのとこんなに長生きするとは思ってもみなかったから困ったんだわ
小学生の時から漠然と大学にいくんだろうなって思っていただけで、そこから先の人生に関しては全く何も想像していなくて無に等しかったからどうしたものやらです
大学自体は自分には合っていたと思う雰囲気は好きだったし嫌なことも圧倒的に少なかったし楽しいことの方が多かったんじゃないかな
ただ人間関係や大学特有の体験は全くしないままに卒業しちゃったってだけで後悔はしてないっす、きっと生まれ変わってまた大学生になっても同じようなボッチな感じで卒業していくんだと思う
勉強とそれ以外のこと例えば恋愛や人間関係とかの両立ができる人って本当にすごい
考えすぎなのかもしれないんだけど自然にこなせる人はすげーーなって思う
呼吸するだけで精一杯な人から言わせれば泳ぎながら食事してまばたきもして無意識で心臓も動かしちゃってみたいなもんです

にしても自分は凄く恵まれている
今住んでいるところは家賃もないし親は特に将来について何も言わない
下を見ればきりがないけど圧倒的に恵まれすぎなんじゃないかと思う
まぁ小学校から中学ぐらいまでは親は怖くて仕方がなくて怒られることが苦しくて大げさに言えばクリミナルマインド級につらかったけど、その分大学に行ってこっちに来てからは関係が丸くなって穏やかになったなー
もっと遊んでおけばよかったのかもしれない
でも遊んでいたら遊んでいたで遊ばなきゃよかったと後悔するんだよきっとね

無いものねだりで、あったらあったで取らなきゃよかったって思うはず多分
だから今のままで人生は最高でもっとも最適な選択肢をしてきてて
全てが正しくて間違いじゃなかったんだよと自分に言ってみたら楽になった

来月の仕事の回数は今のところ15回で今月よりも少し多いかなーぐらい
にしてもこのまま延々とこんな定年退職後の老人のような生き方でいいのだろうか
もっと何か30代だからこそできることってないんだろうか
学生の時も学生っぽいことはほとんどしなかったなー
ただ授業に出て単位を取って卒業しただけの6年間
後には何も残らなかったっけな
その時々は何か思うことや感じたことや感激したこととかあったんだろうけど
その時々で自分が楽しんだこともあったんならその瞬間瞬間は良かったの
問題は今、何もしてないこと、夢とかあったんだかないんだか忘れたけど良いのかこれでっていう気持ちは、すげーある

小学生の時に近所のお祭りに行ってお小遣いをもらっていたのに親と一緒に行って何も買わないといって途中で帰ってしまったことがあった
その時は何だか何かを楽しむということに対して反抗的な部分があって素直に楽しめばいいのに楽しまないで帰ってしまい親に何か怒られたような気がする
風呂に入っているときに窓からお祭りの音が聞こえてすごい切ない気分で一杯になって泣いたっけな

このままじゃだめだ何かしないと
といっても何をすべきか全く分からない
何かしないといけない使命感は何だろう
本とか落語を呼んでジョークの勉強をするとかか
面白い話を考えて過ごすとかそういうやつか
んんんんーーーーなんだろう

とはいえ何かをするにしても何かをしないという事をするにしても
それは後になって全て自分にとっては正しい選択肢を選んでいたんだって思うことにした、もしチャレンジしてたらチャレンジしていたでチャレンジしなきゃよかったのにと思うし、チャレンジしなかったらチャレンジしなかったでチャレンジすればよかったのにと思うだけってことで堂々巡りっす

やらないで後悔するよりもやってから後悔した方が人生の満足度は変わってくるっていうけど本当かなー

やらないで後悔する人はやっても後悔するんじゃないかなー

どっちに転んでも後悔が付きまとうってことでしょ

だったら考え方を変えてみて

地球っていう惑星に住んでいて重力があって上には空があって時代的には比較的平和で一応法治国家に生まれて食べたいときに食べたいものがある程度食べられて男っていう生き物を体験しているってだけで人生の失敗も後悔も突き詰めて考えればそんなものは存在しない、ただ地球人っていう設定のものを体験しているんだって思えば楽になるんだよねー

生まれてくる確率も加味すると普通は生まれてこないってことの方が普通だからね、何億分の1の確率でしょ自分が生まれる確率ってさ

そう考えると普通は体験できないことをこうして何か色々考えたり何だかんだって思ったりして体験という現象を体験しているだけなんだからさー生まれただけで相当すげーじゃんってことだし、一言でいえば「わあああぁぁぁ!!」って感じかな

細けぇことはいいんだよに尽きるね

あついことのくりかえし

どっさりあった週6の仕事がついに終了
何だかあっという間で色々とあったけど終わり良ければ総て良っし!!
な感いっぱいでっす
んー本当に早かったー
同じことの繰り返しの日常でした
朝、足早に歩いていく人たちと同じ方向と目的に向かっていって
帰りは朝と同じような人たちと同じ方向に向かって帰宅する
他の人たちと同調しながら無意識な目的に向かって歩いていくのがなんだかに幸せだったかなと
そんな歩いていく人たちをじーっと見てるホームレスがいたけど
あの人って目的を失った感があわなー
阿部公房の小説をいつも帰りに読んでいたらそんな一文があって共感したでした

今月は来週に1回仕事があるのみで
本来ならあともう1週間あったけど仕事の進捗状況でなくなったっぽいんで
仕事はほんと無いです
あーやりきったー
来月からはポツポツと10万くらいの仕事があって終わり
にしても暑かったー、暑かったけど頑張ったなーおれ
今月終わった仕事はもう来年はしないかなー
してるかどうかはともかくどうなっているのか全く不明瞭
どーすっかなーーー
あーもぉーどーっすかなぁーーー

本当は唐揚げ弁当食べたかったんだけど
すっげー弁当屋が混んでいて8人待ち状態だったんで
あした食べるんだぜ
取り合えずそんな感じ

なんごともなし

 ひたすら週6で働いて、いったん自宅に帰還、これといって変化なし、週6で働くことに体が慣れ始めてきた感があるけど慣れたころには何もない1週間が月末あたりから始まる予感、そんなこんなで7月の4週目いっぱいまで働いた後は特に予定なし、8月からまたボチボチと仕事があるっぽいけど去年みたいなペースだろうなー

 仕事をしていると時間がたつのが早すぎてやばいと思う、一瞬で昨日のあの時から今日のこの時になっている、気のせいかもしれないけど時の流れの速さが異常に早い、同じことの繰り返しをしているからだろうか、体感的には瞬きをするよりも早く一秒以上のスピードで時が流れ去って目の前から認識する暇もなく通り過ぎていっている、不思議な感覚です

 グラセフはどうにもモチベーションが上がらないので超雑に適当モードで流しています、でわまた

どーんとこーい

なぜベストを尽くさないのか

そういうテンションで仕事をこなせばよかったかなと今更ながら思います

特にこれといった話もなく
なぜか親と人を好きになったことってなかったなーという話をしてた

日曜日に外で立ちっぱなしの仕事をこなして
結局仕事が入ってしまったので5日間連続で働いてきたー
色々と失敗もあったけど
おそらくもう金輪際やることはないんだろーなー
嫌になったとかそういうのは一切ないんだけど
あーつかれたー、漢字ではない感じの疲労感

んで実家から自宅に帰還
電車混みすぎてうんざり
いっつもバイト先に行くときに電車が駅と駅の間で止まる
止まるたびに腹が痛くなる癖がいまだに治らなくて
めっちゃくちゃ焦りまくるのに嫌になる、なんなんでしょーアレ

来週も6日間勤務、再来週も再々来週もきっと6日間勤務になりそう
結構お金がたまるかなー
でもきっと2か月くらいで実家の仕送りで消えちゃいますよー
まじかー

7月はドラクエの新作が2パーセントくらい楽しみ
後のモチベーションは何もないなー
仕事のお昼にうどん屋さんで何か食べまくるくらいかしら
今日のお昼に食べたラーメンと半チャーハンが何かうまかった
明日は髪の毛を散髪してまた実家に行って仕事をがんばるんだぜっ

うーぬー

催眠負債とかいうのがあるみたい

8時間寝ないと人間本来のポテンシャルを保てず半分くらいの実力で活動することになるってな話です

んーと、まぁ全力じゃなくても良いんじゃないかなって思うけど体の病気の予防とかにもなるらしいから免疫力とかにも影響するっぽいし、寝れるときに8時間ちゃんと寝ようって心がけてるけど難しそう

じぶんはじぶんらしくやればいい

一度書いたものをコピーしようとしたらうか切り取りをクリックしてすべて消えた~
なので書き直しバージョンです

 落語家の古今亭志ん朝氏のドキュメンタリー番組を見た、物凄くきれいで素晴らしい落語っていう印象で破天荒で鬼才な立川談志氏とのツートップっぷりがすっごい良かった、自分は自分らしくというのがなるほどなー確かになーそうだよなーとすっごい共感した
 夢の中で泉谷しげるのラジオで死んだらダメだって言っていたのを聞きながら
枕元にコメの袋を棚から降ろして枕元に米をこぼしてしまってそれを袋に入れていたところで目が覚めた今思えば米袋の重さが全然なかった時点でこれは夢だなと気が付くべきでした
 岡本太郎氏の孤独が君を強くするという本を東京駅の文房具なお店で立ち読みした、超激励な言葉の連続で自分を肯定してくれる感がすごく良かったその場で買うか迷って結局アマゾンで注文して買おうと決めた、同様に阿部公房の本も染みるように面白い、今の自分の心境とマッチしていて読んでいて楽しい
 仕事の方は今週あと1回と来週1回で1週挟んで月末の週に6日間連続で仕事があるのが3週連続でこなす感じで税金の支払いが3万円くらいあるから働かなくっちゃと自分を鼓舞する、去年も同じくらい働いていたみたいだし
 んで今悩んでいるのが来週に仕事がありますメールをもらって、それに応募するかどうしようか迷ってる、仕事の内容が電話とかありそうーだからやりたくないのが7割くらい、でもやれば4万くらいもらえる、だから仕事には応募したけど採用はされませんでした感でいきたい、どうすればいいのやら。

 仕事中におなかが痛くなることが良くあるので前日はなるべく何も食べないスタイルをとっているけどやっぱりそれだとおなかがすくのと場合によっては何も食べないでいると大腸に悪玉菌が一杯になって下痢になったりするんで、ちょっとつまみ食い程度に食べたりする、んでそうなると、やっぱりおなかが痛くなってトイレに駆け込む、この前も直前まで平気だったのに始まるよーってなるとおなかが痛くなったといっても仕事的にはいつトイレに行っても問題ないような仕事ばっかりなので全然良いんだけど、だけどねーどうしてもここは抜け出せないポジションに入ったときにあーやばいってなる、想像しただけで苦しい最悪漏らしてしまうよりはマシだから隙を見て行くんだろうけどそういうのがもう嫌、どうしたものやら。

 徹夜でグラセフをやるべくレッドブルを探して自販機を彷徨っていたなかなかなくて帰路につくと家の目の前の自販機に売ってた偶然に驚いたのとニュースでカフェインの取りすぎは中毒になりますって言ってたのがすんげータイムリーだった
 でんぱ組インクを聞きながらゲームで遊ぶのが楽しい、遊ぶといってももはや作業っていう領域だけど、牛筋カレーを作ってみた、1度1時間くらい茹でて灰汁抜きをするとか手間がかかるけど、食ったらまぁうまかった、ごはん3合で満腹、今日もステーキにポテトにベジタルサラダでごはん2合を食し、絶賛便秘中、明日でますよーっにっと、じゃないと金曜日の仕事に響く、まぁそんだけ。

 

ねているときがいちばんしあわせ

 とくにこれといって色々なことがあったわけでもなく、実家から自宅に帰還して5月があっという間に終わった印象、庭の雑草を除草剤で駆逐するのもなんか面倒なのでそのまま放置して緑っぱなしにすることにした、キンモクセイの木は一応ノコギリでバキバキにざく切りしまくって、枝をビニールひもで縛るのがめんどいけど運動もかねて夜中にこっそりとやってみることにした、というのも昼間にやっていると隣近所から声をかけられるから、それが何か嫌、別段怒られることはないんだけどなんか対応するのもめんどいんで丑三つ時月明りに音楽聞きながらやろうかなと思い深夜に夜更かししています

 テレビでフランス人がかつ丼と餃子を食べにわざわざ日本に来たってのをやっていたのを見て無性にかつ丼と餃子を食べたくなったんでスーパーで買って食べたり、グラセフで10時間以上かけて倉庫を満タンにして売却、25パーセント増しの期間限定イベントに合わせて今月から大型アップデートが始まるので、それに合わせてお金を1200万ドルくらい貯めてたりしていたけど、その時間を読書に増せば何冊の本が読めたのか、まぁいいや

 今月は仕事が7回くらいしかない予定、マジでーーーおかしい、せめて15日間くらいは働きたいんだけど、あーやばい、宝くじもなんかモチベーション下がってきたんで買うのを控えようかなって思っています、ますます金がない、だったら働けばいいーじゃん、そうなんだよね、実にシンプルに働けばいいんだってば、余計なことを考える暇もないくらい働きましょう、働くっていうか時間をつぶす感覚で暇つぶしで体と頭を動かす運動をするんだって感覚でやれば良いんじゃないのと自分に言い聞かせて、これから木を伐りに出かけます、外は雨で気が滅入るけどひもで縛るのもめんどいなーーー

 屋根のあるところで柔らかい布団でぐったりしながら寝ているときが一番の幸せなことにあらためて気がついたくらい疲労感マックスです、ろくに働いてもいないのにねきっと気持ち的な問題だろうな

むだい

とても前向きになれそうな言葉が見当たらないのと
先々のことをあれやこれやと考えていたら眠れなくなったので
コーヒーを飲んでいたのもあるかもしれないけど
なんか良いタイトルがとくにないので無題にして今書いている

仕事をいくつかこなしてたんだけど歯茎がめっちゃくちゃ痛かった
あー痛い!!って知覚過敏が数時間訴えているくらいジンジン痛かった
多分、風邪を引いたからだろうな

今はだいぶそのころに比べると痛みはマシな方だけど痛くないかと言ったらやや痛い、つねられているような痛さで歯が浮いている

そんなこんなで仕事ではお約束のように毎回の如く徒労感マックスと罪悪感とやる気のなさで終わらせてた

んで母と小旅行の練習みたいなことをした
といっても電車に乗ってぐるぐるしただけ
実家から電車で鎌倉に行って江ノ電に乗って藤沢から帰るルート
なんでも海が見たいとかなんとかそういうことから旅行スタート
前に一度強羅の方に行ったのと同じ感じで列車に揺られて景色を見て帰る旅
母はあんまし乗る気じゃなかったみたいだけど
たまたま結婚記念日だったらしいこともあって
家にいてもどうせ海外ドラマを延々と見るだけの日常に嫌気がさしていたっぽくて
行くことになったので一緒に行ってみた

足が不自由だから迷惑をかけるというようなことを言われたけど
そんなことは特に気にもしていない
逆の立場だったのなら気にしているのだろうか

海が見たいという話からなんとなく鎌倉から江ノ電に乗ることに
そこで小学生の遠足と重なったらしくイナゴの大群のように人だらけだった
江ノ電からの海の景色は何とも言えないくらい良い良い景色で良かった
藤沢でとんかつを食べて東京駅を経由して帰宅
最初に鎌倉に行く前に田町で自分だけいったん途中下車してトイレに行って
藤沢から帰る途中の電車の中のトイレを母が利用してたりしてた
大仏を見たり神社によったり海に入ったりとか特にしなかった
鎌倉駅のベンチっぽいところで駅前のパン屋で買ったサンドイッチを母が食べていたっけな
今度は北海道の方にでも新幹線か飛行機で連れて行ってあげたいな

って思う一方で、こっちに帰ってきて夜寝ていたら脳裏に経済的にやばい危機感ってのに押しつぶされそうになって全然眠れなかった
もうこの年齢になって仕事とかあるんだろうか
月に15万くらいは稼いでいかないとあと4か月くらいで貯金が尽きる
そうなったらどうしようと思うとゾッとする
どうなるんだろう、土地と家を売ることになるんだろうか
とにかく何か仕事を見つけてガチで働かないと
今のこの天国のような生活を維持できないし本当にヤバい
眠れないし怖い、とにかく怖い、どうなるんだろうか
宝くじ当たらないかなーマジで。
当たらないものだろうか神様。えーん。
えんえん泣いて円を稼ぐのだ、そういう生活に縁がない。