じぶんにまあまああまあますぎる

ちょーじぶんにあまいし、あまちゃんなんだなーってな日々です

かといって他人に厳しいとかでもなく他人には無関心

それはもーいいや

とにかく自分が可愛くて尊い存在なんだろうなって思うほど溺愛しているっぽい

すぐにおなかが痛くなるし

世の中にはもっと大変な人とか辛い思いを強いられている人がいるのは重々承知なんだけどこればっかりは自分だけ辛いって敢えて思うことで自分を守ることにした

ってなわけでー、今年も残るところあと44日くらい
今のところ決まっている仕事が13回くらいあって時間的には1つあたり7時間として91時間ぐらい
稼げる金額はだいたい10万ちょっと
んでもって今月と来月で実家にかかる費用が18万円くらい
定期崩して貯金残高が38万、今月と来月で給与が13万くらい入る予定だから64万になって、2か月分の費用を引くと残高が30万くらいなので
ギリギリ年を越せそうだな~って楽観的

自分ちの光熱費とか携帯料金、ネット代金合わせても2か月で2万ちょっとだし何とかなりそう
だけども正直嫌になっちゃう
実家の方は、お金がない自覚があるのかないのか
使ってもない電気をつけっぱのまんまのときがしょっちゅうあるし
ご飯を炊いても次の日食べないで残っていたら捨てちゃうしさー
どーなってんのよー!!って思うわけでありますよ
そんなこんなで今年は何とか乗り切れそうだけど問題は来年からどう生きるかってこと

どうもこうも働かなくっちゃいけないただその一択なんだけどねー
まー普通のことが普通にできていれば何にも問題ないんだけども
どっかで引っ掛かっているのは自分のことだけだったらさー
自分だけの生活費だけだったら
月々10万でも十分余裕の生活ができるのにーってとこ

実家の面倒まで見ないといけないとなるとそうもいってらんねーっすってのが
最悪な言い方すると嫌なんだよね、本当のことを言うと
なんだろうね、この嫌だなーって気持ちは。実家は実家で自分たちでやりくりしてー
なんとかトラブルやストレスの少ない人生を送るための選択肢をしていたつもりだったんだけど

どっかでやっちまったなーって感じですよねー
これって普通に給料をもらって正社員の時だったら
月20万ちょっともらってても結婚もしてないのにさー
実家に全部仕送りしてたってことじゃん
あーほんと嫌、というか、いやー

かといって他の兄弟やその他の人たちに頼むのも嫌
特に母親の連れ込んだ男が事実婚状態で面倒くさい、家に一銭もお金入れてないで
ただ飯と電気代使い放題な感じだしさ
いや入れられてたら入れられてても面倒くさいし
遺言書はもうすでに書かれてあるんだけど
母の死後にも相続やら何かで口出してきそうで本当に悩みの種
兄は兄で2人して使えないし借金やらお金のトラブルの種と精神的苦痛の種だから
関わりたくもないし、巻き込まれたくないから
どうぞ自分の人生を謳歌してくだされって感じですしねー

たった一人だけだったらこんなことにもならなかったのに
まぁ成長する良いきっかけにはなるかもしれないけどさー
成長なんかしないままで現状維持をずーっと貫けるような人生を送りたかったですわ
好きな選択肢を好き勝手に何の考えもなしに選んできたから自己責任の結果今があるんだから
それのしわ寄せで何を言ってもしょうがないよね
マジでどうしよっかなー

今やってていて一番楽しいのは
ジョークの本を読んだり、落語を聞いたり、海外ドラマや映画を見ているとき
それ以外の時は何か映画やドラマのワンシーンのような気分で過ごしている
とはいえERやジャックバウアーとか他のもっと大変なことで
世界中でキツいことをしている人たちに比べたら自分なんて
まだまだまだ悩んだりストレス発散できるだけ
ぜんぜんぜんマシで幸せな方なんだなって思ったりもするんだよねー

じゃあ11月もあとちょっとで終わり
来年の11月まで生きているか分からないけどまた11月に会えたら良いなって思う
特に理由はないけどただ何となくそう思う
心のよりどころというか安全地帯を作ってそこに避難というか遊びに行こうってことにした

いろいろあるけどいろいろあるよね


 先週、東京タワーが良い感じの近くで働いていたけど、やっぱ良い、赤いグラデーションとむき出しの鉄骨が神がかっててカッコいい
 ああいう武骨で無言な存在感に味があって良かった、見習いたいかも
 日差しも結構コントラストが強くてキラキラと光っている日が続いて夜はしんみりと暗闇のカーテンが街に優しく寄り添っているような、もうこれだけで10月ありがとうな陽気でした

 本はなんか色々と読んだ、徒然草、みずうみ、昨日読了したのはおみくじ戦艦、どれも読んでて楽しかったし読みごたえがありました
 何か困ったり悩んだりしたときの人生の友達みたいなのになってくれましたよー
 700年位前に書かれたエッセーみたいな話が現在にも通じて、あーわかるわかるぅと唸ったし、若い頃、好きだった人のことを思い出して足をじたばたさせて、あー付き合っておけばよかったって悶絶しちゃうのもあぁーあるなーと共感、人生は色々なことがあって貧乏で極貧なのもセットでその人を作り上げている一部なんだなーって思った

 まぁ仕事の方は、相変わらず右から左に事務的にこなしていく流れ作業なので達成感がない、何か面白みを見つけてやっていれば少しは違うんだろうなー
無気力な気持ちをどうにかテンションを上げていけばいいんだけれどなかなか難しい
 うーんなんというかマネキンのような顔をした白い目の人たちが働いている白黒カラーな環境の中で、ひたすら孤独ってました
 やっぱり社会的にはそういうポジションなんだよなー、疎外感ってやつはこれかなと手探りで思ったりしながら働いている人たちってやっぱすごいなーと感心しつつ仕事をしていましたよ
 そんなこともあって相変わらず仕事でポカをやってしまったのです

 あーもう消えていなくなりたい気分マックス、夜の帳って針っぽい響きなんだけど
それでグッサりやってくれませんかと思うような失敗をしてしまい、仕事を依頼してくれた人に本当に申し訳ない気持ち1000パーセントであーあーあーあーってな具合です

今年はあと仕事が11日分くらいあるんだけど、それぜんぶ白紙にしてもらっても文句言えませんってなほど本当にすいませんすいませんで一杯になりましたよ
 指示されていることをやってたつもりだったのに、指示されていないことを勝手にやっていて、しかもそれをやってよかったのかどうかを確認しようと思っていたのに、その確認をすることを忘れて帰ってしまった

 忘れてたーって思い出して、あれはあれでよかったのかな、いやー違うよなー違うかもだけど、あっている気もしなくもないけど一応あとで確認しようと思って別箱に入れていたのにーー
 そのまま封を閉じてしまって出してしまったんだが、やばい、もし違っていたら絶対にやばいと思って慌てて会社に電話したけど時間帯的に受け付けてませんってな無機質なアナウンスで電話が切れてしまい明日受付時間帯に電話して確認すればまだ間に合うかなと思って夜もおちおちして眠れなかったんだけど夜の暗闇にすぅーっと溶け込んでいく感覚に身を任せていたら、大丈夫なんじゃないか、確認してないと思ったけど、ちょっと確認っぽいことを社員さんに聞いていて大丈夫ですって言われていたようなことを少し思い出して、あー直接じゃないけど間接的20パーセントくらいで確認していたから大丈夫かな、最悪大丈夫じゃなかったら後で確認の電話が来るか、もしくはもう金輪際仕事の依頼が来ないかの2択だなと考えていたら結局電話しないまま1日が過ぎて
電話も特に来なくて別件の仕事の依頼が来ただけでした、今回の失敗以外にもちょくちょくこれってどうだったんだろう的なことが今週も先週もあったりして身がプスプス穴だらけ

 まぁでも相手の立場になって考えてみればさー仕事を任せているのにちょいちょい失敗する、しかもあとで取り返しのつかないようなポカをするバイトの人って最悪でしょ
本当にそうだと思う、猛省、猛省だけで片付けていいのかと思うけど、あーあーもう仕事の人間関係とか一旦リセットしたい
 そんな感じで何か胸に引っ掛かりを感じててすいませんすいませんな気持ち一杯でいたら、神様はいるのかもしれないというタイミングできちんと自分に罰が下りましたよー
 やっぱそうなるんだよねとちょっとした因果応報ってやつですか、わざとじゃないにしても失敗をして社員に迷惑をかけて嫌な思いをさせているのだから自分も同じように嫌な思いをするべきってなことで長らく一生会話も話も存在を認識もしたくもない親にしなくてもいい心配をさせたりと色々とあって迷惑かけて加害者なのに被害者面をしているうざいうざい兄から金を貸してくれとの電話

 素直にわかりましたよとお金を必ず返してくれるってことだからお金を渡した、実家の方で、母と寿司を食べに行ったりお気に入りのパン屋に行ったりして色々と母とも兄について考えることがあって、まぁ仕方がないねとお互い思ったり考えたりしながらこっちに帰ってきた、帰ってきたらきたで話をしていた金額プラスなんか滞納していた数千円を要求されるわで、マジで消えてくれないかなと思いつつ、その分も渡してしまったので本当はしまむらに行く用事があったのに、お金が無くなったのでいけなくなったりで、うざいうざいうざい、嫌な蛇がザラザラと頭を駆け巡るような不快感を実感しながら部屋に戻りました
 バイトでのポカをこれで相殺できるのか、まぁさすがにできないよね

 あー辛い、辛いんだけどしょうがない、自分の今までの選択肢があっての今日だし
気分を切り替えて色々と自分ではどうしようもない不可抗力なこともあるけれど、これもひっくるめての人生ですし明日はこの怒りをぶつけるようにステーキを食べまくってやるんだぜ、でもやっぱ本を読んどいてよかった、こういうときの良い心の相談相手になってくれるので少し気分が違う気がする

 来週はパラパラっと仕事があったりするんだけどバイトの方で、あの時やっぱり箱に入れちゃいけなかったんですよオーラを感じたりするんだろうなと思う
 腹を括って甘んじて受けるしかないですよねー
 はぁー本当にすいません、ごめんなさいです

 今年はあと50日ちょっと、色々あった気がするけど、具体的には思い出せない、それはそれで良かったんだと思う
 今朝、母がちょっと待ってー!!と外でごみ回収車を追いかけていたっぽい声を聞いて、ちょっとほっこりしたのは覚えてる

あおっぽいあけがたがさいこう

昔IQが今の身長分くらいあったみたいなんだけど
当時、全然そんな実感なかったなー
今ちょっと気になってネットで簡単なIQテストをやったら案外、変わっていなかった
ってことはIQテストを説いているときだけその数値が戻ってきて
それ以外の日常生活の時はどこかに散歩にでも行っているんだろうか
とにもかくにもIQの数値分の恩恵にはあんまし預かっていない気がする
気がするだけで見えない部分で活躍しているんだろうか

自分の手足はバイトをするために存在しているんじゃない
ましてや歯車になるためのパーツでもない
じゃあなんなのかって考えると
たまたま体から生えているから利便上使っているってだけなんだから
特に深い意味はないんです
そんなどうでも良いことを考えてたら
もうなんだか疲れたような
もういいや感がつのってきたのもあって
この際思い切って部屋にある本を全部読んでみようって気になった
というのもグラセフ5で遊んでいた時に
もはや作業をしているような気がしてきて飽きていたのもあって
ドラクエ11もトロフィーは運要素のものでフルコンプって状態だし
しばらくゲームはいいやって気持ちになったから
本は全部で100冊もないくらいだから休みの日に1冊のペースで読んでいけば
今年いっぱいで全部読み切れるんじゃないかというテンションでいるけど実際は分からないあくまでも目標

ってなわけで安倍公房の他人の顔を読了
長い、長すぎるっ、一つの事柄を深く書きまくってあって顔というテーマを通じで
顔について色々と論じてあっておなか一杯
最後の方の奥さんの手紙の文面が読者の感想っぽくなってて面白かった
よくわからない世界観だったけどそれはそれで独特の公房世界に浸ることができて
匂いがしてきそうなくらいリアルな話でとっても面白かった
また読むかというとちょっと飛ばし飛ばしで読むかな程度
雨のお昼過ぎぐらいに電車の隅っこの方で読むのにはちょうど良いテンションの本でした

今日は実家から帰ってきて自宅でオフっ
ただ単に仕事がないので録画で貯めきった海外ドラマを2倍速で消化していく
やっぱER面白い、隙間が少なくて盛沢山でいつもおなか一杯っす
シーズン8まで見ている途中だけどあと7シーズンくらいあるから見るのが楽しみ
唐揚げ食べたくてお弁当屋と唐揚げ専門店で唐揚げゲット
どっちも1個単位で50円しか値段が変わらないけど両方うまかった
雨だから部屋干しだー

これといったこともなく

 六連勤で何とか乗り切ったーってことで明日からまたしばらく実家から通っての仕事をこなしたりするんだけども、台風が直撃するみたいで何とも面倒なことになりそう、直撃する日が選挙の日だったのもあって期日前に投票に初めて行ってきた、いつもは投票日に行くんだけども台風が大変だから期日前にして一票入れてきてみたよー

 就職率と日経が良い感じになってたから与党に入れた、他の野党その他はなんか応援している人たちがちょっと怖そうなのと左過ぎた考えについていけないから敬遠しちゃいましたよ、メディアとかですっごい傾いた報道をしているときをよく見かけるけどあれってハニートラップとか何かあったのかって思うくらい偏りすぎて首が回っちゃう

 あと年金の支払いの催促がー来てしまっていたんで自動更新で免除じゃなかったっけ的な感じで免除通知が兄のと間違えていたのに気が付いてすぐに電話して手紙が届いたんで今日必要事項をかいて投函ーしてた

 飯食いすぎて風船みたいになってぷかぷか飛んでいきそうな気分、あーあー寒くなってきたけど過ごすにはちょうど良いかなって思う、貯金残高を見る限りだと今年いっぱいは何とか過ごすことが出来そうな予感、来年はどうもこうも考えるだけで脳が汗びっしょりんこなんだぜっと。

まちがえることをおそれない

 いつも正しいことをやろうやろうと思うと結局その延長線上で躊躇と委縮のダブルパンチの後に間違えたくないのと失敗したくないという変なプライド一杯の気持ちになってきて最終的には格好悪いことをしたくないと思うようになって本能に従うこともなく自分が傷つかない方向に誘導していくようになって自分自身を甘やかせて肯定してくれる自分同士でぺろぺろ舐め合ってしまう今日はそんな気持ちでした

 仕事帰りに自宅に帰る途中のスーパーでいわしをゲット、頭と内臓をお店の人に行って取ってもらおうかなと思ったけど何だか気が引けたというか、そういうのやってないんでと言われるのが何となく嫌だったのと怖かったので否定される勇気がなくてっていうレベルのことでもないけど何となく自分が辛い思いをしそうだからという思い込みで聞くに聞けなくてあきらめて明日、実家近くの魚屋さんで買おうと思ったんだけど安いのもあって8匹300円だったから思わず買っちゃった

 今日の仕事は何となくおもーい感じでやっちまったのか、しくじっていないのか運が悪いのか何ともよくわからないまま時間が過ぎていった、いつもの仕事のノリとは違っていつも以上に出来ない人感満載のオーラでちょっと違うのかなーと思いながら仕事をしていた、なんというか周りの人とちょっと時間がずれてるのかなーってくらいワンテンポもツーテンポも遅くって三拍くらい遅れて一人でダンスしちゃっている感じでしたですよー
 まぁいっかーって思ったけどどうなんだろ、もうだいぶ疲れて帰りの電車は寝ちゃってた、そういうこともあってキャラメルコーン赤とアーモンド、チーズ、カレーの4種類を買った、もろもろで1999円でしたっけ、中華おこわともち米を固めで炊いたら、文字通り芯が残って硬くなってたので水を入れて再度炊飯したら食べられるようになってた、連休明けの3日間は倉庫で仕事なので、おなかが痛くなりませんようにって祈りながらモグモグ食べてガブガブ午後の紅茶飲んだ、いわしは梅干か梅のキャンディーを入れてしょうゆとお酒とみりんと砂糖で煮ようと思ったけど梅は高かったんでやめました、でも結構うまくできた5匹も食べてた、水を使わなかったから日持ちしそう
 あー仕事ができないことが出来るっていのは良いんだか悪いんだが、そう思うたんびに自分を慰める意味で人生は体験なんだって思うようにしている、地球という設定の中でただ生きているという体験をしているんだと、失敗とかはもともときっと存在しない、そういう言葉に当てはめているだけで人が生まれる確率は物凄く低いから生まれないことが普通であって生まれることは宝くじにあたるようなもので普通じゃない、生まれないことの方が普通だとすると生まれてきたことの方が奇跡なんだなって、だから生まれてきてこの人生という現象を体験しているってことだけで充分元取れてるんだよなーって、会話が成り立つように言葉と意味を当てはめて会話をすること自体が無理をしているのかもしれない良く分からないけど、夕焼けや夜の月、きれいな景色を見るたびにあーこういうのって良いなーって思うことが出来る体験ができていることにぽぉーってしちゃうんで、また明日から明日が始まりますよーってことで間違っても良いんじゃないのー、間違えるのが怖いからって躊躇して恥ずかしがることはない誰も自分を見ていないし、それはそういう体験をしているに過ぎないんだから海外ドラマでいうところのオープニングでいきなり死亡みたいな感じっすかね、全然意味違うけども

10がつさんこんにちわ

9月は何だかんだありながら週5くらいのペースで仕事していた
といってもあいも変わらず、ぼんやりと霞の中でぼぉーっと10パーセントくらいの余力で体の外にまとった殻の外で何かが
動いて何かが話をしているなーっていう認識で意思疎通を卒なくこなしてだらーっりと働いていましたよ
いっつも働くのはスイッチを入れて自分じゃないモードでやりくりしているから窮屈でしかたない
仕事モードの鎧がいい加減暑苦しいし重ったるくてしょうがないったらありゃしないけど
素のモードでいったら即効で仕事来なくなりそうだから無理もないわいなー

実家の方でGLEEのドラマをシーズン1から親と見ていました、やっぱ面白いわ何回見ても泣ける
途中で俳優さんが亡くなってしまってシーズン6半ばでフィナーレを迎えてしまったのは残念でしかたないけど話のまとまり方は打ち切りっぽくないっぽいんで
今から見るのが楽しみだなー、毎回毎話、歌のパフォーマンスレベルがすげーわ

マニュアル取りに自宅に帰るついでに今日は寿司を食べたくて駅から歩いて歩いて歩きぬいて回転すしへ行った
13皿くらい食べておなか一杯だったーな
しばらくは寿司は良いかなと幸せ満貫気分で録画して貯め切った海外ドラマを2倍速で鑑賞という
まったりと幸せ感満載の自由な時間を過ごしてリフレッシュ

明日からはマックで何となく買い物してまた実家にとんぼ返りして2日に1回のペースで仕事をして10月が終わっていくなー
ってな具合で中には行きたくないなーって仕事もあるんだけど何とか乗り切るんだぜっと

仕事中は時間が過ぎるのが遅かったり早かったりする
遅いなと感じる時には何もすることがない状態の時で早く感じたりするときは忙しくて何かをやり続けているとき
どっちにしても時間は必ず絶対に過ぎていくし確実に時間は過ぎるんだからいつかは仕事が終わる時間がくるんだなっと
そういう延長線で宇宙にも終わりがきて、またビックバンが始まって地球が出来てまた自分そっくりの何かが生まれるのかもと想像してたら、
一個前の時にはどうやって自分が終わっていったのかなーって考えてたんだけど
きっとその時の自分みたいな何かも同じようにどうやって終わっていったのかなーって考えていたのかも

ってエンドレスでつながっているのかーって漠然と思ったりしてたんです
まぁそんなことは確かめようもないし、確かめられたとしても次の時の自分を感じられるわけじゃないからどうにもこうにもです

なーんもないんだなー

 ドラクエは一旦裏ボス撃破してトロフィーコンプしたのもあって、他の要素はもう面倒くさくなったんで称号関係とかの作業ゲーは一部運しだいなのだけはのんびりとしばらくラジオ聞きながらの時とかのみ遊んだりする感じでもういいかなっと

 11はドラクエシリーズの1につながりますよーってな感じで3の冒頭シーンになってのエンディングだった、エンドクレジットの時に1~10までの抜粋したシーンが流れていたのがなかなかの演出だった、きっとドラクエ3のリメイクがでるのかもね

 君の名はとこの世界の片隅でを見たよーすげー良い、良作だったわー2度見したいくらい良かった、なるほどすばらしい作品でしたっす

 んでこの前仕事行ったら何もすることもなく呼吸だけ2時間くらいして終了、気分転換にはよかったなー暑かったけど、明日からまたしばらく実家の方からリハビリのような仕事がいくつか入ってて、まだ決まってない確定待ちのも併せて週3くらいで10月の2週目くらいまで週3くらいで仕事が入っててどうなるか微妙にわからないけどまぁいいや、なるようになるっしょ

 朝起きると体が痛い、痛いって程の痛さじゃないけど、微痛の2パーセントくらい気持ちの問題かなくらいの痛み、朝5時ごろの青い雰囲気が好き、そのあとの黄金色の朝日が始まるまでが1日で一番気持ちがいい時間帯なんだなーって思う、心がすっきりする瞬間だわさ、眉毛切りすぎて早く生えないかなーってぼんやりと思っています